インフォメーション&ブログ

結婚式準備

「結納」は必要?現在の「結納・顔合わせ」はこれが主流!

2019.01.06

こんにちは。プランナーの石野です。
結婚式より前にする婚約の儀式といえば「結納」
結婚をする両家が顔を合わせる特別な機会です。

そんな「結納」ですが、最近では「顔合わせ食事会」というスタイルが主流になってきているよう。
気になる今どきの「結納・顔合わせ」事情をご紹介!

「結納」の必要性は変化!「略式結納」が主流に

「結納」は必要?現在の「結納・顔合わせ」はこれが主流! かつては仲人が両家を行き来し、結納品のやりとりをしていました(正式結納)が、近年結納をされる方は両家が一同に集まっての結納(略式結納)をする方がほどんどです。最近では、仲人が両家の間を取り持ちお見合いをするよりも、自分たちで出会い・結婚するケースの方が増え、仲人となる人がいない。また、住宅事情に合わせ、結納品もコンパクトになりつつあるのも略式結納が増えている理由かもしれません。

結納よりも料亭・レストランでの「顔合わせ食事会」

「結納」は必要?現在の「結納・顔合わせ」はこれが主流! 顔合わせ食事会は、両家が集まり食事をしながら親睦を深めます。結納と同じく、本人と両家の親で行うのが一般的です。形式ばっておらず、自由度も高いため、堅苦しい空気が苦手な人にオススメ。現代では実に8割近い方がこの顔合わせ食事会を選んでいます。また、結納のように“結納金や結納品”の取り交わしをしないことも多く、費用が抑えられる点も人気のひとつのようです。

現在の結納スタイルはさまざま!必要性も家族で話し合おう

「結納」は必要?現在の「結納・顔合わせ」はこれが主流! 開催時期はいずれも挙式の5~7ヵ月前の吉日が一般的です。どの儀式を選ぶにしても、「結納・顔合わせ」はふたりが婚約したことを両家で確認する大切な儀式です。それぞれの特徴やメリットを理解し、両家の意向が一致することが大切です。そのため、結納は必ずしなくてはいけないもの。というわけではなく、結納をする・しない。また、開催するのであればどんな形式で行うのかは、本人と両家の判断に任せられています。

最近では「顔合わせ食事会」が主流になってはいますが、本人・両家の意見が一致したもので執り行うのがベター。
かつては一般的だった「正式結納」ですが、時代に沿って結婚式も結納スタイルも変化していきます。

このほか、岡山の結婚式場「THE STYLE」では結婚式にまつわる様々な疑問にお答えいたします。
お気軽にご相談ください!

「結納」は必要?現在の「結納・顔合わせ」はこれが主流!

STAFF
ブライダル チーフ プランナー 石野 梨沙

「人生で一番幸せな瞬間に立ち会える仕事」 そんな自分まで幸せになれる仕事に魅力を感じプランナーをしています。 新郎新婦の迷いや不安を出来る限り解消し、 安心して婚礼準備を整えていくためのサポートを心がけています。

関連記事

2019.08.25

結婚式は料理の品数がゲスト満足度を決める?!何品が良いの?

こんにちは。プランナーの小林です。 結婚式の費用の中で占める割合が最も高いのが「料理・飲物」。結婚式費用の総額の約3割を占めています。 その分ゲストからの関心も高く、「美味しい料理でゲストをおもてなししたい」という新郎新婦様の想いから、結婚式場の決め手に“料理”を挙げる方が増えて...

2019.08.20

ウェディングドレスのトレンドから歴史まで!今どき花嫁の基礎知識

こんにちわ。プランナーの石野です。 結婚式での花嫁の衣装といえば、白のウェディングドレス、カラードレス、白無垢、色打掛、引き振り袖など様々ですが、その中でも圧倒的に花嫁さんからの支持率が高いのはやはり白のウェディングドレスではないでしょうか。 本日はそんな白のウェディングドレス...

2019.08.07

岡山の結婚式場「THE STYLE」は便利な送迎バス付!

結婚式のために遠方から来るゲストは、普段着慣れないドレスや和服を着て移動するのは思った以上に大変です。 結婚式場の場所やアクセスによっては、送迎バスの手配をするのをおすすめします! 今回は結婚式の送迎バスについてのアレコレ。 どんな場合に送迎バスの手配が必要となるのか、送迎バスや...

Wedding Lab

ブログ

最新記事